東京の板金修理工場に持ち込む前と後のこと

東京の板金修理工場に持ち込む前と後のこと

東京で板金修理をするなら知っておくと良いこと

東京には板金の修理ができる店舗は数多くあるのですが、どこを選ぶのかはもちろんですが、事前の準備やその後のことも重要になってきます。どうせならきちんと直したいですし、良い状態を長持ちさせたいですから、最低限のことだけでも知っておきましょう。

洗車について

東京にある車の板金修理工場に愛車を持ち込む前に、洗車をしておくという人は多いでしょう。最低限の礼儀でもありますし、とても良い心がけではあるのですが、やり方を間違ってしまうと逆効果になりかねません。
というのも、いつもと同じ調子で車を洗い、仕上げにワックスや撥水剤などをボディに塗ってしまうと、板金作業をする前にそれらを落とさなければならなくなるのです。もちろんそれらを使用していなかったとしても、パテを塗るためには脱脂をしなければならないため、きちんとした東京の板金修理工場なら洗ってはくれるのですが、より手間がかかることになりますから、ワックスや撥水剤は使用しない方が無難です。
どうしても汚れが気になるなら、水洗いだけにとどめましょう。

一か八かでやるのは禁物

小さい傷だからといって、試しに自分で板金の修理をやってみるというのはおすすめできないです。
チャレンジしてみる人からすると、過去にやってみてうまくいった経験から大丈夫だと考えているかもしれませんが、今回も同じようにできるとは限らないです。それにどうせ失敗したとしても、東京にある板金修理工場に任せれば良いと期待したいところですが、実は素人がやった作業はきちんとした手順を踏んでいない可能性があって、プロが行なった板金の修理を取り除くようにはいかない場合があるのです。そのせいで余分に時間が取られることになります。つまり費用もかかりますから、傷を見つけたら手出しせずに直ちに東京にある板金修理工場に頼るのが一番です。

確認しておくこと

東京の板金修理工場の中には、仕上がりの早さを売りにしているところが存在します。
急いでいるなら良いですが、余裕があるのであればそこでお願いした人たちの口コミなどをチェックしておきたいものです。通常よりも早くできるのには理由があって、それは職人さんの腕が良いからだというのであれば問題なしです。ですが、やるべき工程を省略しているなら長持ちしない、きちんと修理できていないといった事態になるので慎重に選びたいのです。
それこら板金修理が終わった後に満足できたら、そのまま乗って帰ることになるのですが、今までと同じように洗っても良いのか、日の当たる場所に置いても修理箇所は傷まないかのアドバイスをもらっておくと、すぐに剥がれるなどを防げます。